スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEC 第8戦 サンパウロ:決勝

2014年12月01日 10:31

 WEC 第8戦 6 Hours of Sao Pauloの決勝レースがインテルラゴス・サーキットで行われました。最終戦となる今レースはコンストラクターズタイトルをトヨタが獲得出来るかどうかに注目が集まりました。
 今レースはポルシェトヨタの一騎打ちとなり、#14 PORSCHE TEAMと#8 TOYOTA RACINGが終盤までトップ争いを展開。両車は最後のピットストップを終えると、#14が首位。2番手に#8が続く形となり、速さに勝る#8が#14をキャッチアップ出来るかが焦点となったものの、チェッカーまで残り30分を切った時に#20 PORSCHE TEAMが大クラッシュ。リアが大破する程のクラッシュで、ドライブしていたマーク・ウェバーの容態が心配されたものの、意識はあり、大きな怪我ありませんでした。ただ、このクラッシュで、SCが導入され、レースはそのままSC先導でチェッカー。これにより、#14が優勝し、ポルシェは復帰イヤーで初優勝を手にする事に。2位には#8が入り、チームメイトの#7 TOYOTA RACINGも4位に入り、トヨタが悲願のコンストラクターズタイトルを獲得。ドライバーズタイトルも含め2冠となりました。3位には#1 AUDI SPORT TEAM JOESTが入り、引退を発表したトム・クリステンセンがラストレースをポディウムで締めくくりました。



 LMP2クラスは#47 KCMGが、LMGTE-Proクラスは#97 ASTON MARTIN RACING、Amクラスは#98 ASTON MARTIN RACINGがそれぞれクラス優勝を手にしました。

2014 WEC Round.8 6 Hours of Sao Paulo
Race Results

2014 WEC Round8 Race(20141201)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hondaf1.blog48.fc2.com/tb.php/7804-c6cf6777
    この記事へのトラックバック