スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 第19戦 アブダビGP:FP1

2014年11月21日 20:32

 F1 2014年シーズンもいよいよ最終戦を迎えました。最終戦の舞台はアブダビで、ヤス・マリーナ・サーキットを舞台にチャンピオン争いが展開される事となります。

 チャンピオン争いはルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのメルセデスAMGの2人に絞られ、ハミルトンが17ptリードして最終戦を迎えています。このラウンドはダブルポイントとなり、獲得ポイントは通常レースの2倍。優勝すれば50ptものポイントを獲得出来、リタイアだけは許されないレースとなります。
 まずはFP1が行われ、このセッションでトップに立ったのはハミルトンでした。ハミルトンは32周を走り、ベストタイムは1分43秒476。2番手にはいつものようにロズベルグが続き、メルセデスAMGが1-2体制を築きますが、チャンピオン争いではハミルトンが先制する結果となりました。3番手にはこのレースをもってフェラーリを離れるフェルナンド・アロンソが続きました。

 以下、4番手にフェラーリ入りが発表されたばかりのセバスチャン・ヴェッテル(レッドブル)、5番手にはダニエル・リカルド(レッドブル)、6番手にジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)、7番手にダニエル・クビアト(トロ・ロッソ)、8番手にバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、9番手にセルジオ・ペレス(フォース・インディア)、10番手にニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)が続きました。

 ロシアGP以来にケータハムがF1に戻ってき、小林可夢偉も復帰。このセッションでは24周を走り、ベストタイムは1分47秒971。18番手につけました。

2014 F1 最終戦 アブダビGP FP1リザルト
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hondaf1.blog48.fc2.com/tb.php/7784-77ed04bc
    この記事へのトラックバック