FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WTCC 第11戦 日本:決勝(Race1)

2014年10月26日 15:17

 WTCC 第11戦 JVC KENWOOD Race of Japanの決勝レース・レース1が先程、鈴鹿サーキットで行われました。今年はフルコースでの開催となり、周回数は11周に設定されています。
 レース1を制したのはポールシッターのホセ-マリア・ロペス(Citroën C-Elysée WTCC)でした。レースはロペスがホールショットを決めると、2番手にイバン・ミューラー(Citroën C-Elysée WTCC)が続き、シトロエン同士の闘いとなりますが、ロペスが徐々にミューラーを引き離し、そのミューラーは7周目にタイヤトラブルで戦線離脱を余儀なくされると、ロペスを脅かすドライバーは最後まで現れず、そのままトップチェッカーを受けました。これにより、ロペスの2014年のチャンピオンが決定。シトロエンはマニュファクチャラーに加え、ドライバー部門でも初年度でタイトルを獲得しました。2位にはこちらもホールショットを決め、最後までシトロエンの1台を抑えきったトム・チルトン(Chevrolet RML Cruze TC1)、3位にはセバスチャン・ローブ(Citroën C-Elysée WTCC)が続きました。

 母国レースを迎えたホンダ勢ですが、トップ争いを展開する程のスピードを今週末は見せられず、このレースではノルベルト・ミケリス(Honda Civic WTCC)の4位が最上位となりました。

2014 WTCC Round.11 JVC KENWOOD Race of Japan
Race1 Results

2014 WTCC Round11 Race1(20141026)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hondaf1.blog48.fc2.com/tb.php/7733-a00a6cfd
    この記事へのトラックバック